忍者ブログ

レーシック
レーシック(LASIK:Laser in situ in Situ Keratomileusis)は、角膜屈折矯正手術の一種で目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術。マイクロケラトームとよばれる機械で角膜の表面を薄く削りフラップ(ふた状のもの)を作り、めくる。そこにエキシマレーザーを照射し、角膜の一部を破壊し除去する。その後フラップを元に位置に戻し、フラップが自然に接着するまで(約2~3分)待つ。角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり(凹レンズを用いたのと同じ効果)、近視が矯正される。また、検眼のデータをもとにレーザー照射を調節することで乱視も矯正可能である。


乱視
乱視(らんし)は、目の屈折異常のひとつ。角膜や水晶体が歪んで球面でなくなる事によって光の屈折がずれ、焦点が合わなくなる。生物の目は完全ではないため万人が乱視の要素を持っているが、軽微な場合は問題がない事が多い。ものが多重に見えるなど視覚に問題が生じる場合は、矯正を要する。光が二ヶ所で焦点を結ぶ乱視。ほとんどの乱視は正乱視に分類される。眼鏡、コンタクトレンズにより矯正可能。レンズは円柱レンズが用いられる。どこにも焦点が結ばれない乱視。角膜の異常により発生する事が多い。不正乱視がまったく無い人もほとんど居ないが、矯正無しあるいは近視・遠視・正乱視のみの矯正で1.0以上の視力が出れば通常問題にしない。


遠視
遠視(えんし)は、目の屈折異常のひとつで、平常時に網膜の後方にピントがあう。遠視は近視の逆で「遠くがよく見える」と思われがちだが、強度の場合遠くも近くも見えない。中程度の遠視では遠くは見えて近くは見えない。軽度の遠視では遠くも近くも見えるが、常に調整力を働かせなくてはならないので眼精疲労の原因になる。矯正は凸レンズの眼鏡、コンタクトレンズでおこなわれる。小児期に重度の遠視を矯正せず放置すると、弱視の原因となる。はっきりした像を見ないまま成長するので、脳が「見ること」を学習できないためである。近視の場合は、見えれば眼鏡を使用しなくてもいいことがあるが、遠視は見えても見えなくても眼鏡を常用しなければならない。そのため、小児用の遠視の眼鏡のフレームは、激しく体を動かしても落とすことがないよう、耳に引っ掛けるタイプ(スポーツ専用)のものが多い。


近視
近視(きんし)は、屈折異常のひとつで、眼球内に入ってきた光が網膜上の正しい位置ではなく、もっと手前に焦点を結んでしまう状態。近眼(きんがん)ともいう。遠方視の場合に、屈折機能が無限遠まで対応できないためはっきり見ることができない。逆に近方視の場合は支障は少ない。近視は屈折の問題であり網膜や視神経の疾患ではないので原則的に矯正視力が低下するものではない。<br/>誕生から20代前半にかけては眼球が成長するので誰でも例外なく近視の方向に屈折状態が変化する。つまり、遠視が強かった者は遠視の程度が弱まる。丁度よい強さの遠視を持っていた者は正視になる。


[PR]

2017年10月17日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レーシック 遠視を詳しく調べました。

2008年12月25日



●レーシックで遠視になりました。


レーシックで遠視になりました。2年と半年前レーシック(視力矯正)の手術をしました。以前は両目とも0.1にも満たない近視でした。今は裸眼で1.5(それ以上は測れない機械だった?)あり、みえかたについては非常に満足していましたがここ最近パソコン中の目の疲れに気がつきました、ひどいときは吐き気さえします。一日1時間か2時間ほどしかやってないのに。眼科にいってみましたら(レーシックを受けた眼科ではなく近所の眼科)、遠視と言われました。つまりパソコンは近すぎるので、目がピントを合わせるためにすごく力をつかっているらしいです。せっかく近視が治ったのに・・・今度は遠視!?パソコン中は、メガネを進められました、なんともいえない複雑な気分です。仕方なく遠視用のメガネを買おうと思いますが、2年と半年だと、遠視の進行はもう安定しているのでしょうか?かってもすぐ合わなくなったらたまらないです。レーシックの経験者、また知っている方がいらっしゃいましたら、是非教えてください、お願いします。


続き
---












ワムネット


犬 エンジェル


特撮 エンジェル





PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: